オールインワンジェルのメリット・デメリットを知っておこう

オールインワンジェルは現在エイジングケア化粧品の分野でもっとも人気の高い製品となっています。エイジングケアに適した特徴・メリットを備えているのが人気の秘密ですが、メリットだけではなくデメリットもあるため、世間の評価に安易に飛びつくのではなく自分に合った製品かどうかをよく見極めたうえで判断していくことも大事です。

手軽に使え塗布の摩擦が少ないのがメリット

パーフェクトワン効果オールインワンの選び方

オールインワンジェルのメリットとしてほとんどの方が最初に思い浮かべるのは手間が省ける点でしょう。

 

基本的にオールインワンとは化粧水、美容液、乳液、クリームの4役を兼ねている製品のことですが、現在ではプラスしてパックや化粧下地といった役割も備えているものが増えています

 

1本でひと通りのスキンケアができるうえにプラスアルファの効果も得られるわけですから、手間も時間も大幅に節約できるわけです。

 

しかしこの点は単に「楽にケアができる」メリットだけにとどまりません。手間が省ける分肌への負担を軽減できるメリットもついてきます

 

化粧水、美容液、乳液…とひとつひとつのアイテムを使う場合、それぞれ肌に塗付する際に指で摩擦しなければなりません。

 

バリア機能が低下した年齢肌にはこの摩擦の刺激がバカにならない負担になり、毎日のケアの中でその負担が蓄積していくことで肌荒れや老化の進行、くすみといったトラブルの原因になってしまうこともあります

 

4つのアイテムを兼ねているオールインワンの場合、単純にいって摩擦の刺激を4分の1に軽減することができるわけですから、単に楽なだけに留まらず肌をいたわりながらケアしていけるメリットも得られることになります。

合わない場合は製品そのものを切り替える必要が・・

パーフェクトワン効果オールインワンの選び方

現代の女性はスキンケアが過剰気味といわれています。この効果も欲しい、あの成分も補いたいと一生懸命ケアした結果かえって肌に負担をかけてしまっていることも。

 

オールインワンはそんな問題を解消し、シンプルで必要最小限のケアの中で最大限の効果を目指す環境をもたらしてくれる面もあるのです。

 

一方デメリットでは微調整ができない点が第一に挙げられます。単品のアイテムを使用する場合、美容液では補いきれなかった成分をクリームでプラスする、化粧水で保湿成分を補いつつ美容液で美白成分を補うといった調整や役割分担ができます。

 

しかし1本でひと通りのケアを済ませるオールインワンジェルの場合はそれができず、補いきれない成分がある場合には違う製品に切り替えなければならず、そのたびにスキンケア環境を全面的に変更しなければなりません

 

化粧水だけ変える、美容液だけ変えることで自分に合ったケア環境を微調整していく、という細かなケアができないのは大きなマイナス点といわざるを得ないでしょう。あとはどうして単品で使用する場合にくらべて化粧水、美容液などそれぞれの効果が劣ってしまう点も注意しておきたい部分です。

  • オールインワンジェルのメリットは手軽さと肌への負担を最小限に抑えられる点
  • オールインワンジェルのデメリットは肌に合わなかった場合スキンケア環境を全面的に変更しなければならない

パーフェクトワンモイスチャージェルを使った効果と口コミ>>

肌の悩みに合わせて選びたいオールインワンジェルの成分

オールインワンジェル選びの難しいところは1本でひと通りのケアを済ませるため、必要な成分をしっかり補えるかどうかわ見極める点にあります。化粧水や美容液を単品で使う場合、化粧水で不足している分は美容液で補うといった調整ができますが、オールインワンではそれができず、必要な成分が不足している場合は製品を全面的に切り替えなければならなくなります。

エイジングケアでは必要不可欠な成分だけ配合されたシンプルなものを

パーフェクトワン効果オールインワンの選び方

また、オールインワンジェルはエイジングケアで人気ですが、老化が進んでいる肌にはできるだけシンプルなケアが求められます。

 

あまりたくさんの成分を補おうとすると肌に負担がかかってしまい効果よりも悪影響の方が大きくなってしまう恐れがあります

 

ですからたくさんの種類の有効成分が配合されているオールインワンジェルが適しているというわけでは必ずしもなく、自分にとって必要な成分を厳選して配合された製品が求められます。必要最小限のケアで最大限の効果を、といったところでしょうか。

 

ですからオールインワンジェル選びでは自分がどんな肌の悩みを抱えていて、どんな成分が必要なのかを把握したうえで選んでいくことが大事です。まずエイジングケア全体で共通しているのが保湿成分です。

 

乾燥はあらゆる肌トラブルの原因となりますから、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸の3大保湿成分は肌の悩みに関わらず必ず補いたいところです。またこの3つの成分は処方や種類によって効果や浸透性に違いがあるため細かい点にまで着目したうえで判断しましょう。

 

たるみやシワの悩みを抱えている方はコラーゲンを補うだけでなく生成を促す成分もうまく取り入れていきたいところです。

くすみ対策にはターンオーバー活性化さようのある成分を

パーフェクトワン効果オールインワンの選び方

コラーゲンを生成している繊維芽細胞の働きを活性化させるビタミンC誘導体、レチノール、FGF、ナイアシンといった成分はコラーゲンを増やすことで肌のハリや弾力を取り戻す効果が期待できます。

 

くすみやシミの悩みを抱えている方は美白成分とターンオーバーの活性化に役立つ成分を取り入れましょう。

 

美白成分にはハイドロキノン、アルブチン、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体などいろいろな種類がありますが、オールインワンジェルで美白成分を補う場合にはできるだけ肌に優しいものを選ぶのが基本です。

 

ハイドロキノンよりもアルブチン、ビタミンC誘導体がおすすめです。

 

ただしみ・くすみ対策は美白成分だけでは十分ではなく、ターンオーバーを促しメラニン色素の排出を促すケアも欠かせません。EGF、プラセンタなど皮膚細胞を活性化させる成分が役立ちます。

 

これらすべての成分をカバーするのではなく、自分にとって必要な成分に優先順位をつけたうえでうまく補っていけるオールインワンジェルを探していくとよいでしょう。

  • エイジングケア全体で共通しているのが保湿成分
  • ハリ不足や・たるみにはコラーゲン生成を促す成分がおすすめ
  • くすみやシミにはアルブチン、ビタミンC誘導体など肌に優しい美白成分を

乾燥肌・敏感肌ではどんなオールインワンジェルを選べばいい?

オールインワンジェル選びでは肌に合っているかどうかが非常に重要なポイントとなってきます。1本でひと通りのケアを済ませるアイテムですから、肌に合わないと効果よりも負担の方が大きくなってしまいますし、合わないからと他の製品に切り替えるとなるとスキンケア環境全体をリセットしなければならなくなってしまいます。

効果より肌質に合うことを優先

パーフェクトワン効果オールインワンの選び方

美容液などのアイテムを単品で使用する場合、化粧水が合わない場合はそれだけを切り替えて美容液、クリームはそのまま使う、といった微調整ができます。

 

そのため商品を切り替えてもスキンケア環境が大幅に変わってしまうことはないのですが、オールインワンジェルの場合はいちからスキンケア環境を見直さなければならなくなってしまいます

 

乾燥肌・敏感肌の場合はとくにこのオールインワンのデメリットが大きくなるので注意しましょう。ですからあくまで肌に合ったものを選ぶことが大前提です。

 

いくら優れた効果を備えていても肌に合わず刺激が強いものだとかえって肌荒れなどのトラブルや老化を進行させるといった問題を引き起こしてしまいます。

 

この肌に負担をかけないという点では2つの注意点が挙げられます。まず添加物の有無。石油由来の合成界面活性剤や合成香料・合成着色料が使用されているものを避けるのはもちろん、防腐剤やアルコール(エタノール)、鉱物油などにも気をつけましょう。

 

オールインワンジェル場合、さまざまなアイテムの効果を幅広く備えるためにたくさんの美容成分が配合されている傾向が見られます。

保湿成分の種類や処方をチェック

パーフェクトワン効果オールインワンの選び方

そのため成分の質を維持するために防腐剤が必要になることも多く、乾燥肌・敏感肌にはそれが負担になってしまうことがあるのです。

 

もうひとつはシンプルなケアを心がけること。防腐剤の話とも関わってきますが、化粧品はたくさんの種類の美容成分を配合するほど肌への負担が大きくなります

 

ひとつひとつの成分の安全性は高くてもたくさん配合されることでどうしても刺激が強くなってしまうのです。

 

ですから乾燥肌・敏感肌に必要な成分が厳選して配合されたシンプルな製品を選びましょう。

 

そして乾燥肌・敏感肌に必要な成分とはなにか?やはりコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸の3大保湿成分は欠かせません。これらの成分に関しては処方や種類にも着目してみましょう。

 

オールインワンジェルでは分子量を小さくして浸透性をアップさせるなど独自の工夫を取り入れてるものも多く、それによって効果にも違いが出てきます。この3つの保湿成分を前提にしたうえで保湿だけでなく肌の健康そのものの改善に役立つ植物エキスなども見ておくとよいでしょう。

  • 乾燥肌・敏感肌はできるだけ添加物が配合されていないオールインワンを選ぶこと
  • 乾燥肌・敏感肌は必要な成分が厳選されて配合されたオールインワンを選ぶこと

年齢と共にオールインワンジェルは変えた方がいい?

オールインワンは1本でひと通りのケアができるのが最大のメリットです。しかしその一方で使っているオールインワンが肌に合わないとスキンケア環境を全面的に改めなければならないという大きな難点も抱えています。化粧水だけ切り替える、美容液だけもっと低刺激のものに変えるといった微調整ができないわけです。

年齢を経てもできるだけ変えない方がいい

パーフェクトワン効果オールインワンの選び方

年齢肌や乾燥肌・敏感肌の悩みを抱えている方はできるだけスキンケア環境は変えないほうが肌への負担も少なく望ましいのです。

 

そのためオールインワンジェル選びではできるだけ長い間切り替えなくても使い続けられることがひとつの重要なポイントとなります。

 

ですから年齢とともにオールインワンジェルは変えたほうがよいか?については「できるだけ変えない環境が望ましい」というのが理想的な答になるわけですが、

 

年齢とともに肌環境が変化していくのでなかなかそういうわけにはいかない部分も出てきます。

 

ですからできるだけ変えないよう使い方やケア方法を工夫したうえで、どうしても変えなければならなくなった場合にはあまり極端なケア環境の変化をもたらすような製品は避けることが求められます

 

年齢とともに変えるかどうかはどれぐらいの年齢からオールインワンジェルを使い始めたかによっても異なります。人間の肌は老化の影響で2回、大きな転機を迎えるといわれています。

 

老化がはじまる30代前後と、その老化が本格的に加速している36〜37歳頃です。この時期にすでにオールインワンジェルを使っていた場合には肌環境の大きな変化に合わせて切り替える必要も出てくるでしょう。

 

とくに二度目のお肌の曲がり角、36〜37歳には老化が一気に加速するためこれまで以上に入念なエイジングケアが求められようになる一方、より肌に負担をかけないケアが求められるようになります。

年齢で変える場合の目安は40代半ば〜50代半ば

パーフェクトワン効果オールインワンの選び方

老化と乾燥によってバリア機能が低下してしまうためで、それまで使ってきたオールインワンジェルでは刺激が強くなって負担になってしまう恐れも出てきます。

 

この時期はそれまで平気だった化粧品が急に合わなくなるケースも出てくるので慎重に見極めるようにしましょう。

 

もうひとつ変える転機として考えられるのが40代半ば〜50代前半頃です。この時期はシワやたるみ、シミといった老化のトラブルがはっきりと目立つようになるだけでなく更年期障害の影響で肌環境が変化することもあります。

 

ですから抱えてしまったトラブルのケアに役立つオールインワンジェルに切り替える、更年期の影響でさらに減少が加速しているセラミド、コラーゲンを集中的に補える製品に変えるといった対策も求められます。

 

この辺り難しいところで、できるだけ変えないほうが望ましいのですが、加齢がもたらす肌環境の変化を踏まえつつ、ケースバイケースで賢く判断したいところです。

  • できるだけ長い間切り替えなくても使い続けられるオールインワンを選ぶこと
  • 老化がはじまる30代前後とトラブルが目立ち始める40代半ば〜50代前半頃は効果や配合成分の見直しも大切

オールインワンジェルと専用美容液で賢くエイジングケア

オールインワンジェルといえば「1本でひと通りのケアができる」点に注目が集まりがちです。しかしこの点ばかりにとらわれていると適切なケアができなくなってしまうこともあります。

より踏み込んだケアには美容液をプラス

パーフェクトワン効果オールインワンの選び方

とくにエイジングケアの場合、「過不足ない適切なケア」が最大のポイントとなります。必要な成分をしっかり補いつつ、過剰なケアで肌に負担をかけてしまうのは避ける。

 

このさじ加減をいかにうまくできるかが成否の境目といってもよいのですが、オールインワンジェルだけでその環境を築くのは難しい部分もあるのです。

 

化粧水、美容液、クリームなどのアイテムを単品で使用する場合、補う成分をうまく微調整することができます。

 

美容液では補いきれなかった成分をクリームで補う、今使っている美容液ではちょっとケアが過剰気味な場合には美容液だけを切り替えるなど。

 

こうした組み合わせの工夫を心がけることで過不足のない適切なケア環境を作っていくことができます。しかし1本ですべての役割を兼ねているオールインワンではそれができません

 

必要な成分は不足している場合は十分な効果が得られず、必要ない成分までたくさん配合されている場合には過剰なケアで肌に負担をかけてしまう恐れが出てくるわけです。

 

実際のところ100パーセント自分にフィットしたオールインワンジェルを見つけるのは難しいでしょう。ではどうするか?そこで役立てたいのが専用美容液です。目元ケア用がとくに知られていますが、気になる部分を集中的にケアできるタイプの美容液が注目されています。

美容液を追加するときはオールインワンでの過剰なケアを避ける

パーフェクトワン効果オールインワンの選び方

これとオールインワンジェルをうまく組み合わせればまさに過不足のない必要なケア環境を築くこともできるのです。

 

その際、オールインワンジェル選びでは過剰な内容は避け、必要な成分を厳選して配合したシンプルなものを選びます。そのうえで目元や口元、シミなど気になるトラブルの改善に役立つ専用美容液をプラスして補う

 

オールインワンジェル段階で過剰なケアになっていると専用美容液のメリットが活かせないので気をつけましょう。

 

オールインワンで顔全体の保湿を行いつつ、目元美容液で乾燥しやすい目元の皮膚にプラスアルファのケアをする、あるいはさっぱりタイプのオールインワンを使いつつ口元には油分が多めのしっとりタイプの専用美容液を使うといった工夫もできるでしょう。

 

また美白成分は肌への刺激が気になりますから、シミが気になる部分にだけ美白化粧品を使うといったやり方もできます。エイジングケアではオールインワンだけのケアではなく、メリットを活かしつつ他のアイテムとの併用も意識してみましょう。

  • オールインワンジェルだけでは補えない部分を専用美容液で集中ケア
  • オールインワンで顔全体の保湿を行い乾燥しやすい目元にはプラスアルファの美容液で保湿する方法もおすすめ
  • さっぱりタイプのオールインワンと油分多めの専用美容液を組み合わせる工夫も

パーフェクトワンモイスチャージェルを使った効果と口コミ>>

パーフェクトワンモイスチャージェル

パーフェクトワン効果オールインワンの選び方

リフトアップに効果的な7種類のコラーゲンを配合した大人気オールインワン
3,800円→3,500円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回1,900円(2回目以降10%OFF)税別
さらに詳しく見る>>

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

パーフェクトワン効果

4500万個突破!たるみとシミを同時に防ぐ日本で最も売れているオールインワン
ハリ+美白4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
さらに詳しく見る>>